あなたは今期放送中のアニメはいつになく、とても華やかな作品が多いように思うのではないでしょうか。

アニメのストーリーもさることながら、作品を彩る主題歌についても非常にファンを満足させてくれる内容になっています。

とにかく今期放送の作品はサウンド、ビジュアルともに多彩なラインナップとなっていますので、以下にとくに注目してほしい作品とその主題歌を紹介します。

さらに、その主題歌の特徴についてもしっかりとお伝えしていきたいと思いますので、このアニメについてはよく知らない、まだ見たことがないという人においては、その作品について少しでも興味をもってもらえたらうれしいかぎりです。

「十二大戦」オープニングテーマ  ラプチャー (パノラマパナマタウン)

「十二大戦」は、子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥という、それぞれに干支の名前がついた十二人の戦士が、十二年に一度開催され、今回が十二回目となる戦い・十二大戦で自らの願いをかなえるため、互いに激しいバトルを繰り広げる物語です。

そして、この作品を冒頭から大いに盛り上げてくれるのが、「パノラマパナマタウン」の歌う「ラプチャー」です。

「パノラマパナマタウン」は来年のメジャーデビューが決まっている、4人組のインディーズバンドです。

この「ラプチャー」については現在CDは発売されておらず、配信のみとなっていますが、気持ちいいほどストレートに感情を歌い上げるこの曲は、一度聞いたら忘れられないくらい心に響きますので、ぜひ覚えてほしいと思います。

「Fate/Apocrypha」オープニングテーマ  ASH (LiSA)

7月より放送がスタートしたFateの新シリーズ「Fate/Apocrypha」ですが、10月からの第2クールのオープニングテーマはファン待望のLiSA 13枚目となるシングル「ASH」です。

みなさんご存知のように、同じFateシリーズの「Fate/Zero」オープニングテーマ「oath sign」でメジャーデビューを果たした彼女にとっては、まさに原点回帰ともいえる、今回の起用となっています。

この曲の作詞はビジュアル系バンド「シド」のボーカル・マオ、作曲は同じく「シド」のベース・明希が担当しました。

そのサウンドはこれまでの高揚感あふれるLiSAらしさを印象づけながらも、どこか切なさを感じさせる「Fate/Apocrypha」という作品の独特な世界観をプラスした仕上がりになっています。

「ネト充のススメ」オープニングテーマ  サタデー・ナイト・クエスチョン (中島愛)

「ネト充のススメ」は、30才の自称「エリートニート」である主人公・森子がネットの世界で充実したネトゲ生活を送る一方で、イケメン・優太と出会ったリアル世界でも大活躍するストーリーが視聴者の共感を呼んでいる人気作品です。

この「ネト充のススメ」のオープニングテーマを歌っているのは、「マクロスF」のランカ・リー役でおなじみの中島愛です。

彼女は3年前から無期限で音楽活動を休止していましたが、昨年12月に待望の復帰を果たし、今回の作品を担当するに至りました。

「サタデー・ナイト・クエスチョン」は、物語の雰囲気そのままに、とても軽快で心地よいサウンドが印象的ですので、ぜひ注目してください。

「アニメガタリズ」オープニングテーマ  アイコトバ (GARNiDELiA)

高校のアニメ研究部に所属する主人公・未乃愛が部の仲間たちとの聖地巡礼やコミケ参加などを通じてアニメを熱く語る、いま大注目のアニメです。

 そんな「アニメガタリズ」のオープニングテーマを担当するのは、ともに作詞、作曲を行う、ボーカル・メイリアとキーボード・tokuのユニット「GARNiDELiA」です。

 「GARNiDELiA」はこれまでに、その個性あふれるサウンドで「キルラキル」「魔法科高校の劣等生」「クオリディア・コード」「Fate/Apocrypha」など、戦闘がテーマとなっている作品のイメージを見事に描き出してきましたが、今回の「アイコトバ」では一転して、とても軽快な印象を視聴者に与えてくれています。

 そのカラフルな仕上がりが目を引くオープニング映像との相性もバツグンで、これだけは本当に何度見ても飽きませんのでイチ押しです。

「アニメガタリズ」エンディングテーマ  グッドラック ライラック (GATALIS)

オープニングに続き、「アニメガタリズ」はエンディングテーマにもぜひ注目してほしいと思います。

放送開始直後から話題沸騰となった、そのエンディング映像には、作品のヒロイン・みのあ(未乃愛)をはじめとする、アリス(有栖)、みこ(美子)の3人が「GATALIS」となって、ステージで「グッドラック ライラック」をかわいく歌うシーンがCGで描かれていますので必見です。

とくに、みのあの声を担当する本渡楓とアリスの声を担当する千本木彩花は昨年放送され、こちらも大人気となった「ガーリッシュナンバー」で、それぞれ久我山八重と烏丸千歳を演じたのは記憶に新しいところです。

「ガーリッシュナンバー」でも彼女たちはオープニングテーマ、エンディングテーマ、さらに挿入歌も歌いましたので、これからもそのキュートなパフォーマンスで多くのファンを楽しませてくれることは間違いありません。

今期は上記以外にも、ぜひ注目してほしい人気作品が目白押し

今期は「ラブライブ!サンシャイン!!」「おそ松さん」「結城友奈は勇者である」「干物妹!うまるちゃん」など、ファン待望の人気作品の第2期がいくつか放送されていますが、その主題歌も第1期にひけをとらない、すばらしい出来栄えだと思います。

また、こちらも大好評の芳文社・まんがタイムきららキャラットに連載中の「ブレンド・S」も、そのリズミカルなオープニングテーマが話題となっています。

またこれら以外にも、「妹さえいればいい。」のChouCho、「Just Because!」のやなぎなぎ、「血界戦線&BEYOND」のUNISON SQUARE GARDENなど、おなじみの大人気アーティストが主題歌を担当する作品にも大いに注目してください。

まとめ

以上、今期注目してほしいアニメ主題歌について紹介してきました。

現在ではアニソンは音楽の中の1つのジャンルということで、その存在意義を広く知られるようになりましたが、それだけレベルの高い曲づくりがなされてきていることを強く感じます。

この流れをうけて来期はさらに完成度の高い主題歌が現れることを願っています。

そして何より、この記事を読んだ人にアニメ主題歌のすばらしさが伝わったならば、これ以上の喜びはありません。