『シュタゲゼロ』アニメの放送で再度盛り上がっているシュタゲ界隈ですが残念ながら放送は1週間に1回。

その間に何かSF作品を見て、適度にテンションを上げつつ次回『シュタゲゼロ』に備えたい。そんな貴方に是非おすすめしたいSFTVアニメを3作品まとめてみました。

電脳コイル

電脳コイル コンプリート DVD-BOX (全26話, 650分) 宮村優子 アニメ [DVD] [Import] [PAL, 再生環境をご確認ください]

電脳コイル コンプリート DVD-BOX (全26話, 650分) 宮村優子 アニメ [DVD] [Import] [PAL, 再生環境をご確認ください]

SFアニメ・名作と言えば『電脳コイル』です。

賛否両論溢れるSF界隈でもかなり高い評価アベレージを叩き出している素晴らしい作品です。SFやサイバーパンクに付きまとうエグい、グロい描写が苦手な方も安心して下さい。何せこれはNHKアニメですから子供が見ても大丈夫。

逆にエグい・グロい描写がお好みなら『マルドゥック・スクランブル』をおすすめです!TVアニメでは無く劇場アニメなので今回は取り上げませんでしたがクオリティは保障します!

『電脳コイル』に話を戻すとNHKアニメの例に漏れず素晴らしい名作です、もうNHKはアニメの方に本腰入れれば良いんじゃないですかね?

お馴染みの「電脳」が一般化した未来、電脳世界の様子や情報をARの様に表示・操作できる「電脳メガネ」が今で言うスマホレベルの生活必需品になっています。

現実・ネット世界・ARの三つがレイヤーの様に重なり合っている世界ですが、法整備はずさんな様で電脳犯罪が万引きの様に手軽に行なわれています。ここもリアルポイントですな。

主人公の『ヤサコ』(CV折笠富美子)が引っ越してきた物語の舞台大黒市もそんな街で、事件に巻き込まれたり事件を起こしてしまったり。成長物語というか、トラウマ克服物語を楽しめます。

見所

特にオススメポイントはなんと言っても電脳世界での描写。電脳特有のノイズやブラックアウトを上手く利用してホラーテイストに事件や犯罪行為を描いています。

もう下手なホラーより怖いのですが、それもそのはず「電脳メガネ」を通して見る「電脳」の世界と現実が本当に区別が付かないんですよ。何処からが「電脳」で何処からが現実かの区別が付かない不気味な混濁した世界が本当に怖いです。

現実かと思ったら「電脳」かもしれないし。「電脳」かと思えば現実っぽいし、でも「電脳メガネ」付けてないってどういうことなの?今どこ?って悩んじゃうようなパニックホラーとは少し違う。考えると段々怖くなる系ホラーに注目して見ていただきたいです。

翠星のガルガンティア

翠星のガルガンティア コンプリート DVD-BOX (全13話+OVA, 375分) すいせいのガルガンティア Production I.G アニメ [DVD] [Import] [PAL, 再生環境をご確認ください]

翠星のガルガンティア コンプリート DVD-BOX (全13話+OVA, 375分) すいせいのガルガンティア Production I.G アニメ [DVD] [Import] [PAL, 再生環境をご確認ください]

ロボットが出てくる系SFのオススメ作品。

主人公の『レド』君(CV石川界人)は「人類銀河同盟軍」の少尉です。若くして前線でたたき上げられ少尉まで昇進していますので、有能アンド有能。前線のとんでもない損耗率から見ても素晴らしい戦士ですね。

と言っても「人類銀河同盟軍」に敵対している謎の宇宙生命体「ヒディアーズ」が強すぎるので、多分人類は勝てないんじゃないすかね。まぁ話の本筋はそこじゃないですから、人類銀河同盟軍が滅んでも多少はね?

猛烈にネタバレすると、人の姿を保ち外宇宙に進出し倫理観も真っ青なクローニングと選民思想で若いクローン体を使い潰して戦っている「人類銀河同盟軍」と人の姿と意思を捨て群体として外宇宙に適応した「ヒディアーズ」。どちらが勝っても元人間は残りますからね、問題無いかと。

見所

1話で見られる「人類銀河同盟軍」と「ヒディアーズ」の戦いも相当に素晴らしいですが、見所はやはり話の本筋。

ワープに巻き込まれた『レド』君が行き着いたのは何と「人類銀河同盟軍」でも所在が一切掴めない人類発祥の星、地球でした。地球で人類が滅んでいたかと思えば、やはりというか何と言うかゴキブリレベルにしぶとい人類ですから、なんだかんだで生き残っています。

但し環境の変化で陸地は殆ど失われ、技術レベルは大幅に低下し、日々の暮らしにも困るような船上生活を余儀なくされています。そんな人類と出会った、戦うことしか知らない『レド』君が人間的成長を遂げる物語が見所です。

最初は戦闘マシーンでしかなかった『レド』君が後半では人間っぽくなっていて感動しちゃいます。

人類は衰退しました

人類は衰退しました

人類は衰退しました

少し不思議で一歩間違えば世界が終わっちゃってる系SF。

殆ど滅びかけの人類、技術も無く。滅びに対抗する術も力も無くただただ滅びを待つことを受け入れちゃってる潔い人類。

発生の条件も分からず意思の疎通も難しく、そもそも生命なのかすらも謎ですが。不思議なパワーで出来ない事は殆ど無い「妖精さん」、つまる所の新人類の物語。

「妖精さん」の不思議なパワーで人類の絶滅事情を何とかしてもらえば良さそうですが、「妖精さん」の不思議パワーは「妖精さん」の楽しさに依存するらしいので多分無理です。何か勝手に滅びかけてる人類救っても面白くなさそうだし、ほっといた方が面白そうじゃない?

見所

「妖精さん」が起こす「妖精さん」的に楽しいことを旧人類である「わたし」(CV中原麻衣)が何とか誤魔化そうとしたり、逆に「わたし」が原因で起こる「妖精さん」的に楽しいことを何とか誤魔化そうとしたりします。

誤魔化そうとしてばっかだな「わたし」ちゃん。

具体的にいうと孤島に全く新しい生態系を生み出して固有の種を絶滅させたり、「わたし」ちゃんの作るお菓子が一杯食べたいからタイムパラドックスを起こして沢山の世界線・時間軸の「わたし」ちゃんを時空間から切り離して保存したり。

見所というか、人類云々以前に世界とか色々壊れません?大丈夫そうですか?と不安になること間違いなし。

まとめ

『シュタゲゼロ』界隈が盛り上がると共に是非SF界隈も盛り上がって欲しい願いを込めて3作品ご紹介しました。

全てTVアニメで長くても2クール程度の作品です、その分中身の濃い作品で時間を忘れて熱中できると思います!