『あしたのジョー』連載50周年記念おめでとうございます!

記念して『メガロボクス』が公開されました、一話がニコニコ動画等で公開されていますが見てみるとやっぱり面白かった。

ということで今期のバトルアニメに注目したいと思います。

メガロボクス

先ほども少しお話しました『メガロボクス』ですが、一言でいうとまさにスチームパンク風近未来『あしたのジョー』といった感じです。

まず目に留まるのがお馴染みの「丹下段平」や「力石徹」風のキャラクター。『あしたのジョー』を見たことがあるなら思わず「力石やん!」と叫びたくなってしまうほどにそれ。

しかし古臭さが全く感じられないのが凄い所です。スチームパンク的な極中央集権と貧民外の構図も『あしたのジョー』リスペクトですがワクワク感の方が何倍も強く感じられました。

「ギア」と呼ばれる装着タイプの強化外骨格モドキを使ったボクシング、タイトルにもなっている『メガロボクス』という競技への期待感というか、1話での煽りも素晴らしい!

より泥臭く

『あしたのジョー』の良い点の一つに泥臭さがありますよね。

その点この『メガロボクス』はどうなのさ?と気になるのは最もです。視聴前はSF風味ということで小奇麗にまとまってしまうのかなとも思っていましたが良い意味で裏切られました。

「ジョー」ポジションである「ジャンクドック」(CV細谷佳正)と「丹下段平」ポジションの「南部贋作」(CV斎藤志郎)の小汚さは『あしたのジョー』と遜色ありません。

何せ「南部贋作」は借金まみれだし、半分ぐらいそのせいで「ジャンクドック」と二人でしぶしぶ八百長試合で稼いでますからね……。

いつも以上に豪華な「力石徹」こと「勇利」(CV安元洋貴)といつも通りの「白木お嬢様」な「白都ゆき子」(CV森なな子)との対比もあってか『あしたのジョー』以上に泥臭い感あります。

フルメタル・パニック! IV

やったぜ!

信じて待っていた全国の『フルメタル・パニック!』ファンの皆さん朗報です。

SFロボアクションの大作『フルメタル・パニック!』の続きがついにアニメで見られます。

「ゆきのさつき」と言えば『ひぐらしの鳴く頃に』の「園崎魅音」ではなく「千鳥かなめ」。

「ゆかな」と言えば『コード・ギアス』の「C.C」ではなく「テレサ・テスタロッサ」。

これだけは皆さんにお伝えしたかった。

気になるストーリー

『フルメタル・パニック!』続編と聞くと『フルメタル・パニック? ふもっふ』が頭にチラつきます。

勿論『ふもっふ』も面白かったですが、動く「アームスレイブ」が見たいんですよこっちは!

ということで調べて見るとどうやら「ガウルン」(CV田中正彦)「ゲイツ」(CV大塚芳忠)戦後のようです。

つまりは『フルメタル・パニック! The Second Raid』後ということで動く「アームスレイブ」がばっちり見られるってことですよ。

参考までに原作でいうと『燃えるワン・マン・フォース』から『せまるニック・オブ・タイム』ぐらいまでは期待できるんじゃないですかね?『ずっとスタンド・バイ・ミー』まで行けるのかはたして……って所ですね。乞うご期待!

キューティーハニー ユニバース

『あしたのジョー』連載50周年記念ということは、永井豪も50周年記念ということです。当たり前ですな。

そんなわけで永井豪も50周年記念アニメ『キューティーハニー ユニバース』をご紹介したい!

『あしたのジョー』連載50周年記念の『メガロボクス』しかり。『ガッチャマン』実写映画記念の『ガッチャマンクラウズ』しかり。良さそうな感じしますよね?しません?

懐古だけではいけませんが、懐古から始まって今できることをやっている作品たちには非常に好感が持てます!

今度のハニーは声まで変わるぞ!

キューティーハニーと言えば変身です。今情報が出ているだけでも5人に変身する「如月ハニー」(CV坂本真綾)ですがそれぞれ「内田真礼」「黒沢ともよ」「田村ゆかり」「花澤香菜」「三森すずこ」と声優まで変わる様子。

敵対組織「パンサークロー」も豪華で首領の「シスタージル」の声は「田中敦子」ですしその部下の「タランチュラパンサー」は「釘宮理恵」だそうですね。これは強そう。

まとめ

見返してみれば『あしたのジョー』と『フルメタル・パニック!』に『キューティーハニー』。いつの話だよと言われてもおかしくないラインナップですが何と今は2018春!

単なる懐古的なおすすめでは無く、前作や作品の背景関係なく。今のアニメとしておすすめしたい3作品。

特に『メガロボクス』は1話無料公開中ですから是非見てください!