拝啓、『オーバーロードⅡ』をお楽しみかとお喜び申し上げます。

このたびは『ぷれぷれぷれあです2』で絶賛活躍中の戦闘メイド「プレアデス」を演じた声優のことを知っていただきたく、一筆したためる事となりました。

と、いうわけで『オーバーロードⅡ』は面白いですがちゃんと『ぷれぷれぷれあです2』まで見てますか?

階層守護者と同じぐらい魅力的な「プレアデス」を演じた声優について、他の出演作品を見ていこうと思います!

今回は「プレアデス」の長女「ユリ・アルファ」を演じた「五十嵐裕美」についてまとめます。

「五十嵐裕美」

なんと声優を志したきっかけはアニメ『デ・ジ・キャラット』の「沢城みゆき」だそうですね。

これにはシンパシーを覚える方が多いのではないでしょうか?因みに私も見てましたよ「デ・ジ・キャラット」。

「沢城みゆき」の演じた「プチ・キャラット(ぷちこ)」も魅力的でしたが個人的には「真田アサミ」の「デ・ジ・キャラット(でじこ)」が思い入れの強いキャラクターでした。

今でも「でじこ」のイラストが目に入るとまず連想されるのが「真田アサミ」の声、一種の洗脳に近い何かを感じています。

それはさておいて、そんな「五十嵐裕美」ですが出身地は北海道らしく、デビューしたての2008年頃は知り合いも多くなく人見知りだったそうです。

その時に知り合って愛称のゆきんこが定着するきっかけにもなったのが同じ声優の「喜多村英梨」。交友が広がった今現在でもとても中が良いようですね。

代表作と言えば、今回の記事をまとめるきっかけになった『オーバーロードⅡ』の「ユリ・アルファ」だと言いたいですが、他にも沢山のキャラクターを演じておられます。

テレビアニメのメインキャラクターを重視して、おすすめのキャラクターを見ていきましょう。

『会長はメイド様!』より「兵藤葵」2010年放送

会長はメイド様!2 [DVD]

会長はメイド様!2 [DVD]

「五十嵐裕美」の初めてのメインキャラクターです。

「五十嵐裕美」はもちろん女性ですが「兵藤葵」は男です。さらに言うとネットアイドル(女)として活躍している実質ネカマ。

普通にしているとクール系のイケメンなのですが、女装時は金髪ロールお嬢様ヘヤー。可愛いから良いんですけどね?

2010年ですとまだまだ「男の娘」という言葉に市民権が得られていなかったように思いますが、初メインキャラクターで随分と難しい役所に抜擢されています。

今は「五十嵐裕美」と聞けば男女問わず役所の広さに定評がありますが、「兵藤葵」を演じた経験が繋がっているのかもしれませんね。

『パパのいうことを聞きなさい!』より「小鳥遊ひな」2012年放送

ブシロードスリーブコレクションHG (ハイグレード) Vol.267 パパのいうことを聞きなさい! 『小鳥遊 ひな』

ブシロードスリーブコレクションHG (ハイグレード) Vol.267 パパのいうことを聞きなさい! 『小鳥遊 ひな』

略称『パパこき!』で界隈を戦慄されたアニメ、別にエッチなアニメじゃありませんよ。

「小鳥遊ひな」と言えば「だお」という特徴的な口調と、主人公のことを「おいたん」と呼んでしまう幼さ。

物語開始当時は3歳設定でしたからね、大学生の主人公なんて「おいたん」ですよ。悲しいなぁ。

このアニメの記憶が薄れてしまっても「おいたん、ひなだお!」というセリフを聞くとピンと来る人が多いのではないでしょうか?

それほどに印象的な凄まじい破壊力をもったキャラクターなのは間違いありません。

『アイドルマスター シンデレラガールズ』より「双葉杏」2015年放送

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 002 双葉杏

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 002 双葉杏

「五十嵐裕美」と言えば?と聞かれて始めに名前がでるのはやはりこのキャラクター。

思い思いにアイドルを目指す、言わば頑張る系女の子が押しどころの『アイドルマスター シンデレラガールズ』で頑張りたくない系アイドルの「双葉杏」には光るものを感じます。

そりゃ頑張らなくて良いなら頑張りたくないよね、と「双葉杏」の御旗の元に迎合したファンは数知れず。

アニメでの人気もさることながらゲームの方でも「双葉杏」を目当てに給料をお供えしたファンの数はとんでもないことになってそうです。

その内どれだけのPが無事にお迎えできたのか……いやこの話は止めておきましょう。私もつらい。

『ブレイブウィッチーズ』より「エディータ・ロスマン」2016年放送

ブレイブウィッチーズ エディータ・ロスマン 缶バッジ

ブレイブウィッチーズ エディータ・ロスマン 缶バッジ

『ストパン』の愛称で親しまれる『ストライクウィッチーズ』シリーズの1つ、『ブレイブウィッチーズ』。

愛称は『ブレパン』で大丈夫ですか?

「五十嵐裕美」が演じたのは今までご紹介していた所謂年下キャラではなく、「ウィッチ」としては高齢の19歳!「パウラ」の愛称で親しまれる「エディータ・ロスマン」。

体格に恵まれたわけでも特出した才能があるわけでもない「パウラ」は安全に確実にをモッドウに、経験に裏打ちされた技術を身に着けています。

年上のお姉さんキャラということもあり新人教育を担当することもしばしば、『ストライクウィッチーズ』でエースとして大活躍する「エーリカ」(CV野川さくら)も初陣はお世話になったそうです。

才能も力も無いキャラクターが知識と技術で戦うって何か男の子って感じで良いですよね!

まとめ

ネカマから3歳児、果ては軍隊の教官からアイドルと幅広すぎる役所を見事に演じられている「五十嵐裕美」。

『オーバーロードⅡ』の「ユリ・アルファ」も人間ではありませんし、考えて見れば逆に一般的な役を演じている作品の方が少ないような気もします。

「五十嵐裕美」ってどんな役が上手いの?と聞かれても、何でも出来るからなぁと答えに詰まってしまいます。

それほどに対応力のある、幅広いキャラクターで魅力を表現できる声優は中々いないのではないでしょうか。

「オーバーロード」プレアデス声優の関連記事