さて、年始の忙しい時期かと存じますが同時に今年の様々な企画が動き出す時期でもあります。

アニメでもそれは同じのようで、今と言っては「アトラス」代表作と言っても良いでしょう全世界で売れに売れたゲーム『ペルソナ5』のアニメ放送日が決定しました。

なぜなに?『ペルソナ』シリーズ

そも、『ペルソナ』シリーズとは。

『世界樹の迷宮』シリーズ、『女神転生』シリーズと肩を並べる「アトラス」のメガヒットシリーズの一角。

特に『ペルソナ3』からはゲームの雰囲気が一新され、それまで「アトラス」を知らなかった層に支持されたことが大きなヒットの要因でしょう。

今回放送日が決まった『ペルソナ5』も『ペルソナ3』の系譜を引き継ぐ作品。

『ペルソナ3』以降の作品はジュブナイルRPGと一言で言ってしまえばそれまでですが、今では中々見る事ができない子供が大人になるための通過儀礼をテーマにしたストーリーが魅力です。

通過儀礼という言葉さえ珍しいものになってしまいましたが、過去に通過儀礼として代表的だった親殺しのメタファーなど子供たちが絶対に経験する通過儀礼では無く。

現代に合った、各家庭や個人毎に細分化した通過儀礼的な儀式や精神的はもちろん社会的な大人への変化を描いています。

通過儀礼は無くなった。なんて声もありますが個人に細分化された通過儀礼的な行動が通過儀礼という言葉で括れなくなったという方がしっくり来る昨今のイニシエーション事情をゲームとして体験できる素晴らしいシリーズです。

ですから通過儀礼と言っても古臭いものではなく、むしろ最新。今でも「アトラス」ファンだけでなく新規ファンを獲得し続けているのはこのあたりに秘密がありそうですね。

そして『ペルソナ5』へ

さて本題の『ペルソナ5』ですがなんと舞台は東京都内。私は新宿と四ツ谷ぐらいしか存じ上げませんが東京都内の実在する地名など多数登場しある種の箱庭ゲーとしても評価が高いのではないじょうか。

物語が始まる前から事故が頻発していた東京。加害者たちに共通していたのは突如豹変して普段では考えられない行動をとっていた。ということだけ、世間では「精神暴走事件」と呼ばれニュースを賑わせていました。

主人公たちは「心の怪盗団」と名乗りを上げ、人の心が生み出した怪物「シャドウ」と戦い、人の心が生み出した「パレス」と呼ばれる異界を沈めたり時には怪奇事件を解決に導くことになります。

『ペルソナ』シリーズのキーワードでもある集合的無意識と人の心が現実に影響を与え、変貌していく様を存分に楽しむことができます。

気になる『ペルソナ5』の評価ですが2017年に「ファミ通」で行なわれていた「RPG総選挙」では『ドラゴンクエスト』など名だたる名作を抑え見事1位に輝いています。

長時間飽きずに遊べる。年齢や性別の隔たり無く幅広い層に評価された。などが1位に輝いた主な要因だそうですね。

国外からも海外のレビューサイト「metacritic」にて平均スコア93点というとんでもないスコアをたたき出しています。

今回のアニメ放送日決定にしても、国内のファンはもちろん。国外のファンにとっても素晴らしい朗報だったことでしょう。

PV第1弾はこちらになります、お納めください。

主人公の名前は『雨宮蓮』に決定!

ゲームではデフォルトネームが無いのも『ペルソナ3』からの特徴です。先んじて公開されている漫画版では『来栖暁』でしたがアニメ版では『雨宮蓮』という名前に決定しました。

もちろん声優は変わらず「福山潤」が演じることも決定しています。

他に主人公の特徴としてアルカナが愚者であったり、もう一人の自分とも言えるペルソナを付け替えられたりとプレイヤーを意識したキャラクターになっている所まで含めて良い意味でいつもの『ペルソナ』主人公といった感じ。

因みに貴方は歴代『ペルソナ』主人公の中で誰が一番心に残っていますか?私は今でも世界を守り続けているであろう『ペルソナ3』の「結城理」(CV石田彰)君ですかね。

放送日は4月

2018年の4月より『PERSONA5 the Animation』として放送されることが決定しています。

製作は『ペルソナ 〜トリニティ・ソウル〜』からおなじみの「A-1 Pictures」です、『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』の出来を見る限りファンも安心の製作陣かと思います。

音楽にはこの人無しで『ペルソナ』は語れない、「副島成記」「金子一馬」らと肩を並べるビックネーム「目黒将司」も参加。

エンディングテーマである『Wake Up, Get Up, Get Out There』の作曲など腕を振るっています。

まとめ

まだ2018冬アニメの放送が始まって間もないこの時期に嬉しいサプライズだったのではないでしょうか?

これで2018春アニメの視聴枠が1枠埋まりましたね。続報に期待します。